池子の森の音楽祭出演アーティスト紹介②

こんにちは!ZAFからお知らせです。池子の森の音楽祭とZAFイベントは一環なので、連携をしイベントを盛り上げております。今回は出演アーティスト紹介第2弾!


<かもめ児童合唱団>

4歳から13歳までの約20名のメンバーで構成。
本年3月にニューアルバム「ワンダフル・ミュージック」を発売、
「渋谷クラブ・クアトロ」にて記念ライブを行う。伸び伸びと歌う合唱スタイルが魅力で全国に感動の輪が広がっています。


<ぎがもえか>
神奈川県生まれ
クラッシックギター弾き語りのスタイルでのライブ活動を行う。
趣味の読書から影響を受ける詩と、風景の浮かぶ音色が溶け合い、人肌に寄り添う歌を歌う。
2019年6月にEP「メイクアップ」を発売。


<安楽>

白川 寛規 guitar, vocal
北川 梓  keyboard
藤田 昇  drums
2018年結成、2019年5月東京で活動開始。
3人組のバンド。気の向くままに楽曲製作中


<柴田杏里>
ギター奏者。マドリッド王立音楽院でホルヘ・アリサに師事、マヌエル・パウラ・ギター・コンクール第1位、ターレガ国際ギター・コンクール第1位など受賞歴多数。帰国後はソロ活動のほか、様々な音楽家とセッションを展開、スペイン歌曲、カンツォーネの伴奏に定評がある


<川床>
川床は日本のバンド。七人衆。
民謡・フォーク・アンビエントが混ざったような独自の世界観を構築中。
目指すは日本の景観を描き出す大衆音楽!
2018年~都内古民家で瓦フェス主催


<平川温泉旅館>

平川麦 (Sarod,etc.) / SARO (Tap,etc.) 、 温泉的癒しやらなんやら元気になる
効果を演奏を観て聴いてにより体験実感してもらうことを念頭に結成。
活動中。


<MAKI AKAGI>

DJであり植物を主としたアートワーク作家としても活躍。
その活動はナイトクラブ、ラウンジバー、レセプション、野外フェスと幅広いながらも一貫したスタイルを持つ。


<Far East Edition Brass Band>
日米親善として米軍第七艦隊から今年もブラスバンドが登場!!
伝統的なニューオリンズスタイルのブラスバンド、コンテンポラリー・ジャズ、ロック、ファンク等、様々なジャンルの音楽をお届けしてくれます。


<浮(buoy)>
浮(ぶい)
風とあそぶ 浮かんでゆれるギターを弾いて 暮らしを謳う
米山ミサの1人音楽 、都内を中心にどこでも活動中。
最近は他アーティストの楽曲にも参加したりして、活動の幅を広げている。旅の予定がほしい。

Posted in 企画・作品展示, 最新情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です