post.artist_name
仲本 拡史
逗子アートフィルム
1986年8月19日、横浜生まれ。映像作家。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。東京造形大学在学中に西イングランド大学に交換留学し、現代美術を学ぶ。ホテルなどの人工的な空間に、カニやヤドカリなどの動物を持ち込み、動物と自己、カメラのの3者の関係を緊張感を持って描く「動物SF」シリーズは、ベルリン映画祭やWROメディアアートビエンナーレなど、各国の映画祭や芸術祭で上映、展示される。2018年より神奈川県逗子市に居を移し、映像表現のレクチャー、ワークショップ、上映などの活動を行う団体、逗子アートフィルムを立ち上げる。関東学院大学非常勤講師。
post.artist_name
宮田涼介
捨てられたもの達の声
神奈川在住の音楽家。ピアノ楽曲や電子音響作品を中心に、国内外でアルバムを発売。また、カフェやWebコンテンツでのBGM制作、シンガーへの楽曲提供・編曲を行う。
post.artist_name
中島文子
みんなでアート
保育士/作家/みんなでアート実行委員長   「子どもの時間」をテーマにした油絵や古着をつかった作品を制作。 絵を描くことが心を解放し安定させるという自身の体験から、アートコミュニケーションを通したこどもの発達支援や障害のある方を対象にワークショップを行う。  アールブリュットに嫉妬を感じつつ、プリミティブな魅力を広めたいと「みんなでアート」実行委員長を務める。
post.artist_name
宮澤 久美
みんなでファッションショー
車椅子ドレス工房 W2-DRESSデザイナー  2019年よりみんなでファッションショーで 車椅子ドレスを発表  既存のドレスを素材として使用 車椅子で新しいデザインに生まれ変わらせるアップサイクルにこだわっている。 車椅子ウェディングドレス工房 W2-DRESS
post.artist_name
長島 源
プレシャスプラスチック、池子の森の音楽祭、PLAY WITH THE EARTH
逗子で生まれ逗子育ち。 ミュージシャンとして20代前半はインディーズシーンで活動、現在はアナログアンビエントスタイルをメインに活動。 シネマカフェCINEMA AMIGO運営、逗子海岸映画祭主催、池子の森音楽祭主催。 CINEMA CARAVANメンバーとしてサンセバスチャン国際映画祭やだいちの芸術祭など国内外の映画祭やアートフェスにも参加。ローカルに根ざしながらインターナショナルな活動をしている。
post.artist_name
松澤有子
まぜこぜおばけ −ぼくたちのうたがきこえますか2020
私は関係性に興味があります。その土地、人、自然、時間、記憶のつながり、変化を重ねながら広がり息づくものを作品に落とし込んでゆく。それは視覚的な詩のようなものです。
post.artist_name
YABESOY
空き家おくりびと
―「なんで?」と向き合い、開放する   検索すれば簡単に答えが出るけれど、そう簡単に答えの出ないことが世の中にはたくさんある。観察して、調べて、考えて。しつこく向き合えば向き合うほどわからなくなる。そんな、頭でっかちになっているときに、ふと、手がおしゃべりをしたがったり、体が特定の空間に滞在することを強く求めだすことがある。 私のアートワークは、「なんで?」から生まれる、そういった欲望を素直に開放することです。
post.artist_name
Taro Motofuji a.k.a Yes Ifeel sad.
距離について (仮)
逗子生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒。カメラマンとして撮影現場を奔走する傍ら2016年より美術活動を開始。写真作品を中心に舞台やインスタレーション、楽曲や映像等を制作し国内外のアートフェアや地域アート等で発表している。 ZAFには2013年の「逗子メディアアートフェスティバル」の頃から雑用として関わっており、2017年には作家として参加。更に〈直接行動〉と称し、逗子文化プラザ市民交流センターの職員として逗子で働いてもいる。

主催:逗子アートフェスティバル実行委員会

共催:逗子市、逗子市教育委員会



企画運営:逗子アートネットワーク(ZAN)/ 池子の森の音楽祭実行委員会 / みんなでアート実行委員会

協力:アートテラスホーム株式会社、江ノ島電鉄株式会社

逗子文化プラザ市民交流センター、invisi



協賛:逗子文化プラザパートナーズ(株式会社JTBコミュニケーションデザイン/

株式会社清光社/株式会社シグマコミュニケーションズ)/東京造形大学校友会



令和2年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

<お問合せ先>

逗子アートフェスティバル実行委員会事務局

(逗子市市民協働部文化スポーツ課内)

住所 神奈川県逗子市逗子5-2-16

電話 046-873-1111(内線278)

メール info@zushi-art.com