スタッフ

実行委員会

実行委員長 渡邉 忠貴

いよいよ今年も秋の逗子アートフェスティバルが始まりました。
今年で4回目を迎えた逗子アートフェスティバル(ZAF)、手探りで始めたこのイベントも市民の皆さんの熱いまなざしと、熱い声援をバックに少しずつではありますが、皆さんの目に留まるようになり、逗子のまちの秋の定番メニューになってきたと実感しています。
そして、何よりも市民の皆さんが、自ら企画し、自らが主催するその姿が、訪れた人々に心の底からの感動を与えるだけでなく、共感の輪を広げることにつながっていると思います。

ZAF2016も、更に市民の皆さんの手による自主独立・自給自足の色彩を強め、将来を見据えたアートイベントを企画しています。
従来型のアートは、インバウンド型でギャラリーの皆さんが会場に足を運びますが、ZAFはアウトバウンド型を志向しています。皆さんが訪れる逗子のまちの至るところで繰り広げられるアートの匂いを存分に嗅ぎ取って下さい。
そのまちなかでは“ずしコンシェルジュ”が観光大使としてみなさんを会場に導いてくれます。アートツアーで会場巡りも楽しい思い出となります。
そのキーワードは、「きづな」・KYZNA(Know Your Zushi Newly by Art festival)。アートフェスティバルを通して逗子のまちを、逗子の良さをもっと知ろう!!だと思っています。
みなさんが、ZAFの会場を訪れて、瞬間芸術であるこのアートの魅力に直接触れることにより、その感動の輪を、家族に、友人に広げてゆくこと、それが、私の考えるKYZNAです。

アートフェスティバル実行委員会を代表して、私は、このZAF2016を通じて皆さんが逗子市民であることに大きな喜びを感じ、誇りを持っていただけると確信しています。
会場にお出かけの際には、どうぞ気軽にZAFのスタッフにお声がけください。そして共にアートフェスティバルを通じた堅いKYZNAを共有しようではありませんか!!

2016年7月吉日
逗子アートフェスティバル実行委員会 委員長 渡邉 忠貴

実行委員会

|実行委員長
渡邉 忠貴
|副実行委員長
菊池 尚
|監事
田代 朋子
室伏 多門
|実行委員
  • 近 遊亀
    佐藤 朋子
    森川 いつみ
    岸田 直子
    長島 源
  • 石多 未知行
    鈴木 仁
    藤田 礼子
    小林 由高
    桐原信義
|アドバイザー
伊藤 裕夫