池子の森の音楽祭出演アーティスト紹介③

こんにちは!ZAFからお知らせです。池子の森の音楽祭は逗子アートフェスティバルの締めのイベントです。そこで出演アーティストをこちらでもご紹介しています。


<Heidi>

ポストロックバンドMARY BELL PROJECTを主宰しながら、2015年よりソロ活動を開始。アコースティックギターの調べに乗せ、造語で歌われるパフォーマンスは、独特のの空気感を醸し、ライブ会場の空気をただならぬものに一変させる力を宿すと言われてきている。


<notremusica orchestra>

音楽家、辰田 翔による、プロジェクトごとに違う楽器、音楽家、表現者によって組成される環境によって変換してゆく音響プロジェクト。国内外でのコンテンポラリーアート、舞踏、CM、映画音楽、など多義にわたる音楽を作曲、演奏する。


<yutaka hirasaka>

東京を拠点に活動するアンビエントギタリスト/ コンポーザー。

楽曲制作・楽曲提供、ギャラリーやカフェなど空間を選ばないライブ活動を展開。(Rising Sun Rock Festival,CINRA主催NEWTOWN等のフェスへも出演)


<Major Force>

日本初のクラブミュージックレーベルであり、プロダクションチーム。

設立メンバーは「タイニー・パンクス」の高木完、藤原ヒロシと

MELONの中西俊夫、工藤昌之、屋敷豪太の5人。

今回のライブは高木とKUDO、サポートにMOMO(Key)が参加。


<ちんどん おてんきや>

どっぷり演歌からどこか異国の歌まで、ずずずいぃぃっとちんどんどん。そのとき、その場、おてんき次第でかたちを変える、自由で愉快なちんどん屋。

みんなでつくった楽器を片手に音楽祭ので中をパレードしよう


<兒玉 峻>

弦楽器奏者

アコースティックギター、リゾネーターギター、アフリカンハープなどを奏で、民族音楽から実験音楽まで、あらゆる音を飲み込みながら弦の波動を伝えている。

自身のバンド「バセルバジョン」では、FUJI ROCK FESTIVALを始め、大小様々なフェスに出演。


<ナカコー + 勝井祐二 + 沼澤尚 + Kamiyann>

◆Kamiyann-上村勝彦

WIRE、FRF、RSR、METAMORPHOSEをはじめ国内フェス/テクノシーンに欠かせない、日本が世界に誇るPAエンジニア、Kamiyannこと上村勝彦

◆ナカコー (Koji Nakamura)

1995年「スーパーカー」を結成。解散後、「iLL」、「Nyantora」、「LAMA」で活動。そのほか、あらゆる音楽ジャンルに精通し、ボーダレスなコラボレーションを展開中。

◆沼澤 尚
シアターブルック,blues.the-butcher-590213,OKI DUB AINU BAND,NOTHING BUT THE FUNK,Koji Nakamura,臼井ミトン,大貫妙子,河村隆一など数えきれないアーティスト、様々なシーンで活躍するドラマー。

◆勝井祐二
ヴァイオリニスト、ROVO . KOMA . DRAMATICS . 勝井祐二 × U-zhaan . などのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。

Posted in 企画・作品展示, 最新情報.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です