「ぼくたちのうたがきこますか2019-やどかりのみた空」

昨年500人以上が製作に携わった松澤有子の大型インスタレーションの新作が逗子アートフェスティバル2019メイン会場の巨大空間に登場。海か、空か、はたまた…目の前に広がる境界線のない世界が目の前にひろがります。


開催期間
インスタレーション展示
10月18日(金)~27日(日)

時間 11:00~20:00 ※18日のみ17:00~20:00となります。

※スペシャルイベント開場2時間前はご覧いただけません。


スペシャルイベント

10月20日(日) 樋口信子 ダンス・パフォーマンス

10月22日(火祝)長島源 ミュージックライブ

10月26日(土)お魚Tシャツワークショップ

11月3日(日)・4日(月祝)Chiiスペシャル・パフォーマンス

※チケット情報・開演時間など詳しくは公式サイトもご覧ください。

ぼくたちのうたがきこえますか2019公式サイト


場所:ZAF2019メイン会場(JR逗子駅前スーパースズキヤ2階ニュー松屋跡地)

逗子市逗子1-4-1


料金:インスタレーション展示 200円(中学生以下無料)

スペシャルイベントには別途料金が必要となります。

アーティスト紹介

松澤有子(インスタレーション)


逗子出身・在住。学生時代、オーストラリア留学中にアーティスト活動を開始。9年間キャリアを積み日本に帰国。

「大地の芸術祭(2009)」「徳島LEDアートフェスティバル(2012〜13)」「静岡市美術館(2014)」等国内最大規模の芸術祭等で作品を発表。2児の母。

「逗子アートフェスティバル2018」において市民延べ500名が参加した逗子駅前ビル屋上にて大型インスタレーションを制作。

松澤有子 2018年逗子アートフェスティバル作品「ぼくたちのうたがきこえますか」

長峰宏治(企画)


逗子在住。学生時代、ゴミ箱をモノを排除するメディア装置と捉えた作品を制作。現在、フリーランスのプロデューサー。

 

会場へのアクセス